10月27日、京都府中丹東保健所の伝承遊び推進事業の一環として、シルバー人材センターから6名の方にお越しいただきました。

年少・年中・年長組の園児たちが参加。手作りの「きゅうりのおはなし」の紙芝居を見せてもらった後、紙飛行機、竹とんぼ、こままわし、お手玉、あやとり、けん玉など、昔から伝わる遊びを教えて頂き、約一時間夢中になって遊びました。

終わった後には、「あやとりは難しかったけど、できるようになってうれしかった」「飛行機が飛ばせて楽しかった」など、たくさんの感想がでてきました。

最後には、遊びの名人芸をご披露いただき、年長組さんが全員でゴム跳びに挑戦し、一つずつおみやげをいただきました。

とても楽しい企画をしていただきました中丹東保健所様、材料の準備から指導、そして笑顔で優しく教えてくださったシルバー人材センターの皆様、本当にありがとうございました。