朝来幼稚園について

朝来幼稚園は地域の皆様の大きな力添えで設立された幼稚園です。
これからも地域に根差し、美しい自然と温かい人情あふれる朝来大好き・舞鶴大好きの子どもたちを育みたいと願っています。

b1_1

進んで遊びを考えられる子

自ら主体的に学び、考え、判断し、行動できる子どもを育てます。

心豊かな子

豊かな自然の中で多様な体験を重ね、自然や命を大切にし、心豊かな子どもを育てます。

体を鍛える元気な子

恵まれた自然環境の中で元気に遊び、健康で丈夫な体が作れる子どもに育てます。

園長のあいさつ

子どもにとって、遊びという体験はとても大切な勉強です。幼稚園では、子ども達が五感を通して、多くの体験ができるように取り組んでいます。砂遊びをしたり水遊びをしたり、絵を描いたり物を作ったり、かけっこやお散歩なども全部子どもにとっては大切な勉強です。今、遊びを通して感じる豊かな感性を育てることが大切なのです。
私は、長い間、小学校に勤務していました。「教師は授業で勝負」これが私モットーでした。それだけ授業が大切だということです。分かりやすい授業をすることで賢い子どもが育つよう努力してきました。子どもは大人になって自立していきますが、そのためには、「心、体、頭(知恵)」を鍛えることが大切です。子どもは好奇心のかたまりです。その好奇心をいっぱい持って成長して欲しいと願います。好奇心を伸ばすためには、色々な質問に耳を傾け、たくさんの体験をさせることが大事なのではないでしょうか。小学校で担任していたときに「この子どもは生活力があるなあ」とか「根気よくよく考える子どもだなあ」「物知りで賢いなあ」と思った子どもは、よく遊んでいました。遊びの中で色々な体験をし、学んでいる子どもでした。
だからこそ、今、朝来幼稚園では、子ども達を自然の中でいっぱい遊ばせることに心がけています。遊びの中で色々な発見をします。その発見が大切です。「気付く」ということは、新しい発見であり、「なぜかな」「どうしてだろう」という疑問を持ちます。それが頭や心を刺激します。将来を見通して、幼稚園では、しっかり遊ばせたいと考えています。今しかできない遊びは、子どもにとって貴重な学習なのです。遊びの中で子どもは育つのです。 小学校生活に役立つような勉強を遊びを通して身に付けさせたいと考えています。

園長 畠中 好野

b1_2

園の特徴

1恵まれた自然環境

子どもは遊びの神様です。朝来の恵まれた自然環境を十分に生かし、自分から進んで遊びを起こす主体的な子どもを育てます。

b1_3

2想像力豊かな絵画表現

新鮮な感受性と、とらわれない発想で、感性豊かな表現ができる子どもを育てます。

b1_4

3知的好奇心をくすぐる「英語あそび」

簡単な「英語あそび」を通して、外国語(英語)に慣れ親しむ子どもを育てます。

b1_5

4楽しい体験活動

大きな砂山を上ったり下りたり探検したりしています。
お泊り保育は杉山で大きな水車を見学し、「ピザ」を焼いたり、虫や生き物を採ったりして幼稚園ではできない体験をします。や生き物を採ったりして幼稚園ではできない体験をします。

b1_6


沿革

昭和29年
朝来婦人会により季節保育所として発足しました

昭和49年
朝来区長協議会が企画・運営の中心となりました

昭和63年
学校法人朝来学園朝来幼稚園として新たに出発しました